LIDスライド / LID Slide LIDスライド / LID Slide
/
概要
閲覧数
64 Views

【P100】スズメバチの腹を通して地域の生物多様性を知るー生物学的防除・生物相調査員・ご馳走としての狩り蜂の可能性ー

タグ

公開日時

更新日時

スライド概要

・DNA分析技術でスズメバチの餌生物の特定が可能.
これにより、
(1)スズメバチが他の農業害虫や衛生害虫,不快害虫を捕食している事実を明らかにできる.
(2)スズメバチは多様な分類群の餌生物種を捕食するため、餌生物解析を通して地域の生物多様性を調べることもできる.
(3)スズメバチの幼虫や蛹、成虫は九州,四国,東海,北陸,関東でご馳走として食されており、餌生物によって味が異なる可能性がある.

埋め込みHTML

Copied.

各ページのテキスト

各ページの
テキスト

  • 2023年8⽉5⽇超異分野学会 ⼤阪⼤会2023 スズメバチの腹を通して地域の生物多様性を知る ー生物学的防除・生物相調査員・ご馳走としての狩り蜂の可能性ー 神戸大学大学院人間発達環境学研究科 / 国際人間科学部 佐賀達矢 © Naganawa tatsuya.saga@people.kobe-u.ac.jp <研究の背景> ・日本は世界的に見ても、スズメバチ属の種数が多 く、本州に6種分布. ・刺傷被害だけでなく、蜂毒アレルギーによる死亡 事例は年間10件以上. ・スズメバチの餌生物は明らかでない. ・スズメバチのような上位捕食者がどのように共存 しているのかは生態学上の謎. <スズメバチ×DNA分析技術による展望> ・DNA分析技術でスズメバチの餌生物の特定が可能. これにより、 (1)スズメバチが他の農業害虫や衛生害虫,不快害 虫を捕食している事実を明らかにできる. (2)スズメバチは多様な分類群の餌生物種を捕食す るため、餌生物解析を通して地域の生物多様性 を調べることもできる. (3)スズメバチの幼虫や蛹、成虫は九州,四国,東 海,北陸,関東でご馳走として食されており、 餌生物によって味が異なる可能性がある. <研究事例の紹介> 研究課題 同じ地域に生息する3種のスズメバチ(コガタスズメバチ、キイロス ズメバチ、オオスズメバチ)の餌生物種が同じか?異なるか? <共同研究等の募集> ・自然共生サイトの運営など、生物多様性の保全活 動をなされている事業者さん、その生物多様性 (種の多様性)についてスズメバチを使って評価 してみませんか? ・スズメバチの蜂の子食は全国各地で現在も行われ ていますが、地域によって好まれる蜂の種類が異 なります。蜂の餌と蜂の味の関係について興味が ある事業者さんはいらっしゃいませんか? ・環境教育などのご相談も歓迎です. 謝辞 スズメバチの餌種の研究はコープこうべ環境基金、アサヒグループ学術振興 財団、武田科学振興財団、日本生命財団、伊藤青少年奨学会、タカラハーモ ニストファンド、株式会社TAKEO(敬称略)のご支援を受けて行いました. ありがとうございました. 結論 3種の蜂は地域によって捕食する餌生物種が変わりながらも,種間 で異なる餌生物種構成をもつ食いわけが生じている. 結果 カマキリ目 コウチュウ目 トンボ目 ハチ目 クモ目 その他昆虫 材料・方法 ● 2019-22年の7-9月にスズメバチ3種の幼虫を採集 し,腸内容物から餌生物種のDNAを抽出した ⾼橋ら 2016 (高橋ら 2016の手法に基づいた). ● DNAをPCRにて増幅( CO1領域)し、得られたDNA配列をデー タベースを照合して、種を特定した(DNAメタバーコーディング, Folmer et al., 1994). 表1. 食性解析に用いた蜂の幼虫の個体数 コガタスズメバチ オオスズメバチ キイロスズメバチ 岐阜市* 22 (7巣) 7(2巣) 8(2巣) 美濃加茂市 8(2巣) 13(4巣) 8(2巣) つくば市 12(3巣) 4(1巣) 12(3巣) *一部は岐阜市と隣接する市町村のサンプルも含む. 結果 ○餌生物はコガタでは13目105種,オオでは11目77種,キイロ では16目135種であり,過去の報告の2倍~3倍の餌生物種の 存在が示唆された(右図1, 松浦・山根(1984)の報告:コガタ 8目53種, オオ 5 目23種, キイロ 8目44種). ○各巣の餌種数(平均±SE):コガタ15±2.3, オオ20±3.1, キイ ロ26±1.5. ○農業害虫,衛生害虫のカメムシ目, チョウ目を捕食(右表2). ○スズメバチ2種間で共通していた餌生物種はコガタとキイロ で38種,コガタとオオ,キイロとオオではどちらも21種,3 種共通の餌種は10種だった. ○同地域内の2種間(コガターオオ, コガターキイロ, オオーキイロ)では 餌生物種構成に有意な差があった(Holm補正, α 0.05, 右図2). ○同種内の2地域間(岐阜ー美濃加茂, 岐阜ーつくば, 美濃加茂ーつくば) では,オオスズメバチの美濃加茂ーつくば (p = 0.11) 以外で有 意な差があった(Holm補正, α 0.05, 右図2) . カメムシ目 チョウ目 ハエ目 バッタ目 脊椎動物 140 120 100 80 60 40 20 表2. 3種の幼虫の消化管内から検出したカメムシ目、コウチュウ目、チョウ目、脊椎動物の種数 綱 目 科 コガタ(n=43) オオ(n=24) キイロ(n=28) アブラムシ科 1 2 カメムシ科 3 1 3 キジラミ科 1 コガシラアワフキムシ科 1 サシガメ科 2 1 カメムシ目 セミ科 2 4 5 ツノカメムシ科 1 2 ヒメヘリカメムシ科 1 2 ヘリカメムシ科 2 1 ホソヘリカメムシ科 2 1 マツモムシ科 1 1 オサムシ科 1 カミキリムシ科 3 1 コガネムシ科 5 6 3 ゴミムシダマシ科 1 1 ゴミムシ科 1 コウチュウ目 コメツキムシ科 9 1 1 ゾウムシ科 2 2 昆虫綱 タマムシ科 1 1 ナガキクイムシ科 1 ハムシ科 1 アゲハチョウ科 1 1 アゲハモドキガ科 1 イラガ科 1 カレハガ科 1 コブガ科 1 1 シャクガ科 1 3 5 シャチホコガ科 1 スズメガ科 9 7 チョウ目 セセリチョウ科 1 2 タテハチョウ科 1 3 1 ツトガ科 1 2 ドクガ科 1 ハマキガ科 1 ミノガ科 2 メイガ科 2 ヤガ科 3 4 13 1 トノサマガエル アカガエル科 1 シュレーゲル 1 シュレーゲルア アオガエル オガエル 1 ニホンアマガエ ル 1 ヌマガエル 1 ニホンジカ アオガエル科 両生綱 0 無尾目 アマガエル科 コガタ n=42 オオ n=24 キイロ n=28 図1. 各幼虫の消化管内から 検出した餌種の各目の割合 ヌマガエル科 鯨偶蹄目 シカ科 イヌ科 哺乳綱 ネコ目 ジャコウネコ科 ネズミ目 ネズミ科 脊椎動物は検出した種名を表した. 1 1 イヌ ハクビシン 1 ハクビシン 1 アカネズミ コガタ オオ キイロ 岐阜 美濃加茂 つくば 図2. スズメバチ3種の各幼虫の餌生物種構成の関係.

おすすめスライド

おすすめスライド