LIDスライド / LID Slide LIDスライド / LID Slide
/
概要
閲覧数
20 Views

戦後日本の男性平均顔にみられる<やさしさ>の進化―ジャイアン顔□からスネ夫顔▽を経て、のび太顔〇へ―

タグ

公開日時

更新日時

スライド概要

高校卒業アルバム(18歳)や美男子コンテスト(18歳)を利用して、戦後日本人の男性平均顔の時代変化を見てみると、<力強さ>や<男らしさ>が減少し、<やさしさ>や<幼さ>が前面に現れるようになってきている。この時代変化の説明として、性淘汰による自己家畜化が考えられる。形態的・生理的・心理的・行動的次元にわたる戦後日本人の変容を適切に理解するうえで、文化と遺伝子の共進化に着目するこのアプローチは欠かせない。大きくみれば、ジャイアンのような男性が減少し、スネ夫のような男性がいったん増加した後、現在ではのび太のような男性が増加しつつあると考えられる。それが社会全体にとってどのような意味を持つのか、その功罪を単純に決めつけるのではなく、慎重に検討する必要があるだろう。

ダウンロード

埋め込みHTML

Copied.

各ページのテキスト

各ページの
テキスト

  • 超異分野学会2024 東京・関東大会 20124年 3月8-9日(日):ベルサール新宿グランド コンファレンスセンター ―ジャイアン顔□からスネ夫顔▽を経て、のび太顔〇に― ○高橋征仁(山口大学人文学部) takahasi@yamaguchi-u.ac.jp どんな生物も完璧に適応した状態に達し、ひと息ついて止まるということはない。私たちのすべての性質、 そしてすべての遺伝子は、速さは違っても常に進化にさらされていて、完成型というのはありえないのだ ― M. Zuk 2013=2015『私たちは今でも進化しているのか?』290頁 1.問題の所在:脱男性化はなぜ起こるのか? ■形態的・生理的・心理的・行動的側面に及ぶ脱男性化 ■リベラル派vs保守派、若年女性vs高齢男性の歓迎vs嘆き ①文化的・社会的変動にもとづく説明(ジンバルドー2017、伊 藤公雄ほか2022) ・家父長主義の衰退、学校・労働市場の変化、ジェンダー規 範の変容、草食化、インターネット環境の浸透etc ←一見説得的、説明水準をマクロレベルに移しただけ? ←形態的・生理的変化を説明できない ②新しい生態環境への適応論的説明(原島・馬場1996) ・食生活や競争的社会関係の変化による下顎の未成熟 ←小顔、性欲低下、声の高さ、リスク回避などの多面的連動 ←男くささに対する女性の嫌悪感の強力さ、時間的先行 ③性淘汰による自己家畜化仮説(従順な個体を選り好み) ・衝動性の高い個体が遺伝子プールから排除⇒比率変化 ・①②の説明と対立するのではなく、むしろ遺伝的基盤仮説 2.家畜化症候群についての新しい説明枠組み ■家畜化症候群:従順化・吻部縮小・眉弓低下・頭蓋縮小・色素脱着・ 巻尾短尾・垂れ耳・性差縮小・繁殖周期短縮・遊び・学習・依存・協力 ・R.ランガム2020、B.ヘアら2022、RC.フランシス2019 ←現代人でもこの変化は継続しているはず:文化遺伝子共進化 ①ロシアの遺伝学者D.ベリャーエフらによるキツネのイヌ化実験(1959 ~):従順性(恐怖や攻撃反応の低さ)を基準として選択交配を重ね るだけで、一連の家畜化症候群が発生⇒イヌのように遊ぶ白キツネ ②AS.ウィルキンスら(2014)による神経堤細胞仮説:より従順な個体 を選抜することは、神経堤細胞の働きを通じて多面的に影響≒スト レス応答(SAM軸・HPA軸)の弱い個体や色素細胞・骨芽細胞の少 ない個体、小顔の選択←リバースエンジニアリングとしての選り好み ⇒仮説:脱男性化が性淘汰にもとづく自己家畜化の一部ならば、①従 順性の増大≒反応的攻撃性の低下、②従順性に対する女性の選り 好みが存在、③波平さん(54歳?)問題≒高齢者の若返り発生 3.戦後日本における暴力犯罪の減少 4.イケメンを科学する=美男子コンテストBEST30平均顔 ■人類史における暴力の減少はフラクタル(Pinker2011) ■殺人加齢曲線(ユニバーサルカーブ)←衝動性/抑制 ■戦後日本における暴力犯罪の激減←戦後教育恩恵幻想 ←殺人率は、戦中世代としらけ世代の2度にわたって激減 ・太平洋戦争への出征と戦死 ・家族計画運動による人工妊娠中絶と出産高齢化、恋愛 ・アメリカ中国でもバースコントロールの約20年後、暴力激減 ■美男子コンテストBEST30(18歳)を時代ごとに4つの平均顔作成 ■WEB調査(N=1,150)で平均顔の①印象評価と②魅力度、③配偶戦略測定 ・D顔ほど「新しい」「子ども」「ひ弱」「女性的」「やさしい」「華やか」と認知 ・女性にはD顔が圧倒的に人気←男性の予測とは大きなズレ ・①身体的能力や②経済的能力ではなく、③審美的・長期的戦略がD顔好み ⇒5~10年間隔でも衝動性低下ーそれを識別できる顔認知システムの存在 ⇒従順性に対する女性の強力な選り好み ⇒還暦同窓会の平均顔を検討すれば幼若化が明確に=今後の課題 本研究はJSPS科研費21K01924の助成を受けたものです

おすすめスライド

おすすめスライド